雑学

土砂崩れから身を守るには?生き埋めになった時はおしっこをすると生存率が上がるらしい

投稿日:

日本ではここ10年で平均すると1000件もの土砂崩れが発生しているそうです。単純計算で毎日にどこかで2件の土砂崩れが起きている事になります。土砂崩れってあまり多くないイメージでしたがそうでは無いみたいですね・・・自分には関係ないとか思っていましたが、これだけたくさん起きているとなると巻き込まれる可能性も0ではないと思い、土砂崩れについて調べてみました。

・土砂崩れの種類

土砂災害って聞くと土砂崩れしか僕は思いつかなかったのですが、厳密に言うと土砂災害には3つほどあるみたいです。それぞれに特徴があるので最初にそれを紹介しておきますね~

斜面崩落

これが僕が想像する土砂崩れです。一般的な土砂崩れで、山崩れ、がけ崩れに分けられます。

山崩れは文字通り山で起こります。山の斜面の上部にある地肌や岩石が崩れ落ちる現象です。

がけ崩れは都市周辺の台地の急斜面や人家周辺の切り土砂面から土砂が崩れ落ちる現象です。

被害の範囲は山の斜面や崖の真下だと100メートル位にまで及びます。

地滑り

地滑りは緩い斜面において土砂がゆっくりと長時間にわたり移動するものです。地滑りはいろんな場所で起きていますが、目に見えない位ゆっくりと進行するのである日突然大きな被害をもたらします。そのきっかけとなるのが大雨や長雨です。大きな被害になる前に食い止められることが多い地滑りですが過去には死者を多く出すような被害もありました。

土石流

土砂や岩石が大量の水と共に谷や渓流を流れ落ちる現象で豪雨や火山活動によって起こります。被害の範囲が広く数キロメートル離れた地域に大量の土砂や岩石を押し出します。気象庁でも観測が間に合わない位のゲリラ豪雨がきっかけになる事も多いので注意が必要となります。

・土砂崩れから身を守る方法

梅雨の季節やゲリラ豪雨が起こる事の多い夏場には特に注意が必要になってきそうな土砂災害。その被害から身を守る方法を知っておけばいざと言うときに役に立つかもしれません。って事で土砂災害から身を守る方法についてまとめてみました!参考になれば幸いです・・・

危険な場所を把握

土砂災害が起きそうな場所は前もって知ることが出来ます。各自治体で土砂災害ハザードマップ的なものがあるので心配な方は「土砂災害警戒区域 自分の住んでいる市町村」でググれば一覧のマップが出てきます。これで大体危ないところの見当はつきますが、この情報に載っていないから安心とは言えないと思います。

なので、一般的に土砂災害が起こりやすい場所の特徴も併せて紹介しておきます!

・樹木の少ない山は危ない

樹木が多い山林は落ち葉や落ちた枯れ枝等によって、大雨の際に強い雨粒が地面に直接あたる事が少なく、地面が雨によって浸食される事が少ないです。さらに樹木の根っこがしっかりと地中に生えているために大雨などで地盤が緩んでも張り巡らされた根っこによって地盤が強化されているため土砂崩れが起きにくくなっているそうです。

・過去に土砂災害が起こった場所は危ない

土砂崩れは同じ場所で何回も発生することが多いです。なので過去に土砂崩れのあった場所では再び被害が起こる可能性が高いと言えます。確認方法は地元の図書館で過去の新聞を見て調べるか近所のお年寄りに聞くかすれば分かると思います。もしかしたらネット上にも記録があるかもしれないですが規模の小さいものだと見つけるのは難しいかもしれなので長年その地域に住む人の話を聞くのが一番よさそうですね!

土砂災害の前兆を知る

土砂崩れの起きやすい地域の特徴を知る事と同じように大切なのが、土砂崩れの前兆を知る事です。先ほど紹介した斜面崩落・地滑り・土石流の前兆現象について書いていきます。

斜面崩落の前兆は、

・崖から小石がパラパラ落ちてくる

・湧水が濁っている

・普段湧水が湧いていないような場所から湧水が湧きだしている

・斜面に亀裂が入っている

・斜面から異様な音が聞こえる

この様な現象がみられるようになると斜面崩落の危険性が高まります。

地滑りの前兆は、

・地鳴りがする

・家鳴りがする

・電線の緩みや引っ張りが起こる

・湧水が濁っている

・新しい湧水の発生

この様な現象がみられると地滑りの危険性が高まります。

土石流の前兆は、

・地鳴りや山鳴りがする

・焦げ臭いにおいがする(土石流が起きて岩や木の枝が激しくぶつかる事でにおいがする)

・沢や渓流の水が濁る

・雨が降っているのにも関わらず渓流の水が急に減る

この様な現象が見られたら土石流がどこかですでに起こっているorこれから起きる可能性が高いと言えます。

水と音に気を付ける必要がありそうですね。

・もし巻き込まれてしまったら・・・

ここからは万が一土砂崩れなどに巻き込まれてしまった場合に少しでも生存率を上げる方法を紹介したいと思います。地震などで家屋の倒壊に巻き込まれてしまった時などでも使える方法なので覚えておいて損はないと思います。

・おしっこをする

生き埋めになった人を探索するのに「二酸化炭素探査装置」というものが使われています。この装置は人間の吐く息の二酸化炭素やアンモニアを検知します。尿にはアンモニアがたくさん含まれているのでおしっこをする事でより発見してもらいやすくなります。機械だけでなく災害救助犬にも同様な事が言えます。臭いがきつければきついほど災害救助犬に見つけてもらえる可能性も高まります。生きていなければ恥をかくことすら出来ないので土砂崩れなどに巻き込まれてしまった場合は恥は捨てるのがベストです。

・体力を温存する

土砂崩れに巻き込まれてしまったらパニックになって大声を出したりじたばたしてはいけません。じっとしていざという時の為に体力を温存しておきましょう。大声を出すタイミングは周りに人の気配がした時だけにしましょう。土砂崩れに巻き込まれた場合には使えないですが、地震などで瓦礫の中に閉じ込められた時などは大声を出すよりも周りの物を叩いたりする等して音を立てた方が体力の消耗を抑えられるみたいです。

・励ます

最近起こったイタリアの雪崩事故で救助された生存者は大破した建物のがれきの間にできた狭くて真っ暗な空洞ので歌を歌ったりして励ましあっていたそうです。風邪とかもそうですが具合が悪いって思うと途端に具合が悪くなって寝込んでしまう事ってありますよね。それと同じで悲観的になってしまう事で早いペースで衰弱してしまう事もあると思います。ネガティブよりはポジティブな方が生き残れるような気がします。もし一人っきりで生き埋めになってしまったとしても、厳しいですがポジティブでいた方が生存率が上がるような気がします。

「さっきおしっこしたから犬が見つけてくれるはず。」「昨日風呂入り忘れて臭いから見つけてくれるはず。」

こんな感じで行けたらなって思います(笑)実際は厳しいかもしれませんが・・・

おわりに

土砂崩れには巻き込まれないようにしっかりとした知識が必要だと思いました。土石流などは急激な雨量の増加であっと言う間に起こる事もあり災害速報などを見ていても対処できない事も多いそうです。

地震予知は難しいですが土砂崩れは知識があれば察知することも可能なので、防災対策の一環として災害への対処法や前兆現象を知る事は大切な事なんだなと改めて感じました。

PC広告

PC広告

-雑学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アルコールは偏頭痛を誘発するらしい。偏頭痛の原因と症状について

偏頭痛を経験したことはありますか?僕は中学1年生の時に初めて偏頭痛を経験して以来、軽いのを含めると年20回くらい偏頭痛に悩まされています。軽いものだったら耐えられるのですが、酷い時だと強烈な痛みと吐き …

鬼束ちひろの「月光」は絶望を歌った曲なのか?

僕の好きな曲に鬼束ちひろさんの「月光」と言う曲があります。音楽の事は全く分からないのですが、美しいピアノの旋律と神秘的な歌詞が僕の心をとらえて離しません。そんな鬼束ちひろさんの「月光」の歌詞についての …

オオスズメバチの戦闘力は凄い!最強の虫に天敵や弱点はないのか?

刺されたら死に至る事もある猛毒を持つとされるヒアリが日本に来てえらいこっちゃってニュースが連日流れていますが、日本にはすでに世界から恐れられている猛毒を持つ昆虫がいる事を忘れてやしませんか? そう、オ …

FBIとCIAは対立してるの?両者の違いや活動等を調べました

海外ドラマやミステリー小説でFBIとCIAの対立している場面って結構ありますよね?日本だど名探偵コナンでこの対立が軽く描かれていますね。ミステリー小説やコナンを読んでいてずっと気になっていた両組織につ …

貧困ビジネスの問題点や実態・手口について

東京都の宗教法人が、路上生活者の生活保護費から不当に利益を得ていたとして行政処分を受けました。そんな社会的弱者を食い物にする貧困ビジネスが問題視されています。そのような貧困ビジネスの実態や手口について …

プロフィール

じゅんです。よろしくお願いします!! 趣味は野球観戦とボウリングです。