雑学

貧困ビジネスの問題点や実態・手口について

投稿日:2017年1月28日 更新日:

東京都の宗教法人が、路上生活者の生活保護費から不当に利益を得ていたとして行政処分を受けました。そんな社会的弱者を食い物にする貧困ビジネスが問題視されています。そのような貧困ビジネスの実態や手口について書いていきます。

貧困ビジネスとは?

ニュースなどで取り上げられる貧困ビジネスは経済的に困窮している社会的弱者を食い物にして利益を得ようとするビジネスモデルの事です。住み込み派遣や無料低額宿泊所などの一見わかりにくい業態のものから、ヤミ金等の分かりやすい業態ものなど様々な種類がありますが人によってどこまでを貧困ビジネスとするかは判断がわかれます。殆どの人が利用している住宅ローンや保険なども考えようによっては貧困ビジネスと捉えることもできます。

とは言え、ニュースなどを見るときは貧困ビジネス=路上生活者や生活保護受給者を利用して不当に金銭を搾取する事って認識でほぼ大丈夫だと思います。

貧困ビジネスの言葉の意味

貧困ビジネスという言葉はこの言葉を生み出した湯浅誠氏によると、「社会問題の解決」などではなく「社会問題の固定化」により利益を上げる、社会的企業の対極にある存在のことをいうそうです。ニュースなどの印象から社会的弱者向けの宿泊所を運営していると貧困ビジネスを行っていると勘違いしてしまいそうですが、この言葉は善良な経営をしている宿泊所には使われず、悪徳なことをしている業者に使われる言葉だということです。この記事で使われる貧困ビジネスという言葉はそのような悪徳業者を指しています。

貧困ビジネスの構造

生活保護受給者等のお金を持っていない人間をターゲットにするのはビジネスとしては効率が悪いと感じますが、実際はかなりの利益を上げることが出来てしまうそうです。日本の貧困率が高いことが理由です。

理解の手助けになると思い貧困ビジネスのモデルを以下にまとめました。

宿泊型ビジネス

1・路上生活者に声をかける。

2・集めた路上生活者に生活保護を受けさせる。

3・彼らに宿泊先を提供する

・宿の環境は劣悪な場合が多い (例)風呂や洗濯は週三回までの決まりなど

4・施設利用料として彼らの生活保護費を回収する。

・受給額の殆どを取り上げ還元しない (例)1日500円の支給

善意で運営している人から見たら非常に許しがたい行為ですね。

医療ビジネス

1・路上生活者に住まいを斡旋

2・生活保護を受けさせる

3・見返りとして指定した医療機関で診療を受けさせ薬を処方してもらう

4・その薬を転売して利益を得る。

生活保護者の医療費が無料なのを利用した悪質な行為です。医療機関が共謀していた例などもあります。

この2つは基本的な例で他にも数えきれないくらいの手口が存在するようです。

貧困ビジネスの問題点

上記のような貧困ビジネスの問題点として、法律の問題、経営者の倫理観の問題、社会的弱者の事情があげられます。ここでは宿泊型ビジネスを例にして解説していきます。

法律の問題

弱者保護の観点から、

社会福祉法第2条第3項に定める第2種社会福祉事業のうち、その第8号にある「生計困難者のために、無料又は低額な料金で簡易住宅を貸し付け、又は宿泊所その他施設を利用させる事業」に基づき、設置される施設です。

東京都保健福祉局HP

という法律が定められています。つまり路上生活者等の社会的弱者に無料または低額で住居を提供することは法律で決めらており誰でもこのような施設を開設することが可能ということです。ほとんどはNPO団体が運営しているそうです。

この法律は施設運営者が利用者の社会復帰を支援することで社会的弱者を救うという言う目的で出来ましたが、宿泊型の貧困ビジネスを生み出す原因にもなってしまいました。

罰則はないの?

宿泊型の場合は特に罰則というものが定められておらず、各自治体の条例に頼るしかないです。大阪では悪質な事業者には6か月以下の懲役又は100万以下の罰金が科されますが、まだまだこのような罰則を設けている自治体は少ないです。それも万引きなどと違って見つけたから即逮捕とはいかず、まずは改善勧告などをしないといけません。それでも従わないと時に初めてこの罰則が適用できます。このような事情から悪質な業者を摘発することは非常に難しいのが現状です。抑止力になるようなうまい法律が出来ればいいのですが・・・

倫理観の問題

自己の利益しか考えていない運営者は、利用者の社会復帰を支援する気がなくむしろ施設に依存させようとします。住所を失うことへの恐怖に付け込んだり、お金を持たせないことで弁護士などへの告発を防いだり、劣悪な環境に身を置かせることで利用者の気力を奪おうとしたりします。このような事を駆使して利用者を底なし沼に平然と放り込むような事をして金儲けをする人間がいるのが現実です。法の願いとは全く逆のことをやっていますね・・・法律の整備以上に難しい問題だと思います。

社会的弱者の事情

劣悪な環境にもかかわらず施設に居たいという人が多いのも事実です。雨風が凌げる、ご飯が食べられるといった理由からです。このような事情から悪徳運営者の元から抜け出せない(抜け出さない)ケースもあります。利用者から見たら相当なメリットでもあるので悪徳だからと言って全く役に立っていないわけではないのです。どこか歯がゆい気持ちになりますね・・・

とは言え利用者のそのような姿勢を正すのも運営者の役目なので本来の目的からは逸れていることだけは確かですね。

まとめ

法律や利用者の問題など様々な要素が複雑に絡み合っているため貧困ビジネスを無くすのは現実的にはかなり厳しいと言わざるを得ません。生活保護にしたって無くすわけにはいかないですしね。

ただ出来ることもあると思います。例えば、定期的に施設に外部の専門家を招いて利用者に対して社会復帰の指導をさせることを義務化させるとか、開設条件を厳しくするとかするだけでも少しは効果があるのではないでしょうか?

真剣にこのような事業に取り組んでいる人の足を引っ張る貧困ビジネスが一刻も早くなくなることを願うばかりです。

 

PC広告

PC広告

-雑学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

半身浴のすゝめ

じゅんです。 最近一段と寒くなってきましたね~ 秋ってありましたっけ??って位一気に冬が猛ダッシュでやってきたと思ってます。 帰宅すると寒さのせいかお風呂にソッコー行くようになりました(笑) そこで半 …

【マジ迷惑】酒癖の悪い人の迷惑な行動やその心理状態。酒乱の治し方はあるの?

僕は酔っ払いが大っ嫌いです。まあ好きな人もいないと思いますが・・・ と言っても僕は飲み会自体は好きです。厳密には酒癖が悪い人が死ぬほど嫌いです。 普段はいい人なのに、お酒を飲むと急に人が変わったかのよ …

ポップコーンは食物繊維の宝庫!ポップコーンを食べて快便ライフを手に入れよう

某JK「ポップコーンは好きですか?」 僕「大好きです!快便マンですから」 こんなやりとりは一生する機会はないですが、ポップコーンを食べると快便マンにはなることが出来ます。ちなみに僕はどちらかと言うと便 …

免許合宿の体験談 ~延泊の恐怖に怯えながら過ごしたきつい14日間~ 

僕がだいぶ前に行った免許合宿の体験談を書きたいと思います。 冬の東北で起きた数々の惨劇と数少ない良かった事も書いていきたいと思います。 目次1 惨劇の始まり2 惨劇の少し前3 初日3.1 免許合宿の流 …

ロリコンとは?ロリコンの基準や特徴、ロリコンと言う言葉の使い方を考えてみた

ロリコンとはいったい何なんだろうか?幼い女の子をカワイイと思う気持ちがロリコンなのか?幼い女の子とはいったい何歳までの事を言うのか?もしかしたら我々はロリコンの真の意味を勘違いしているのではないか?考 …

プロフィール

じゅんです。よろしくお願いします!! 趣味は野球観戦とボウリングです。