人生 雑学

宗教の勧誘の断り方と勧誘されてわかった3つの事

投稿日:2017年4月13日 更新日:

僕は高校生の時に友達から宗教の勧誘をされました。その時は「俺は俺以外は何人たりとも信じないぜ」と言った中二病&「宗教の勧誘ってどうやるんだろ?」と言った興味のコンボで入信する気は全くないのに面白半分で話だけはちょこちょこ聞きに行ったりしてました。今考えるとせっかく熱心に勧誘してくれていた友人には申し訳なかったと少しは思っています。まあ結構しつこいしやり口も汚かったのでお互いさまだとも思っていますが(笑)

今回はそんな僕の宗教に勧誘された経験とその際に学ん事についてです。

僕と宗教の勧誘との出会い

僕が宗教の勧誘と出会ったのは、春も終わりを告げ梅雨が始まるほんの少し前でした。

中学時代そこそこ仲の良かった友達Xからメールが来ました。

「今日友達Aとマックで会うんだけど、来ない?」

このメールが僕と宗教の勧誘との最初の出会いでした。そんな事になるとも知らず旧友との再会に胸を特に躍らせることも無く待ち合わせの場所のマックに行きました。

そこで見た光景は、友達二人と見たことないおっさんが何やらしゃべっている所でした。

「このおっさん誰や!?」とプチパニックに陥っていると友達Aが声をかけてきました。

Aに呼ばれるままに席に着いた僕。ちょっと黙って様子を見ていました。

どうやら友達Xもおっさんが何者かは知らない様子・・・

「これは何となく嫌な予感がするぞ」って今なら思えるんですが、当時の僕は今以上にアホだっので、特になんとも思いませんでした。様子を見た結果「おっさん居るけど悪い人じゃなさそうだし。まいっか」くらいの気持ちでいたように記憶してます。

ここから怒涛の展開です。マックでおしゃべりすると思っていたら、

A「今から一緒に行きたい場所があるから来ない?」

僕「えっ!?今から?」

A「Xは行きたいって言ってるよ?」

僕「それなら仕方ない。いいよ。」

みたいなやり取りをして早々にマックを後にした僕と友達2人とおっさん。

てっきり電車にでも乗るのかと思ったら、歩いていけるような場所に在るという事で徒歩で向かいました。

ついた場所は、ただの雑居ビル!

「何がいい場所だ!ふざけんな!!」とか思う間も与えられず、ビルの中に入っていく事になりました。

ここで能天気な僕もやばいって事に気づきましたね(笑)

最初に頭によぎったのは、友達二人に嵌められたって事だったのですが、Xを見るとどうやら知らなかった様子。

しぶしぶビルの中に入ってそこで見た光景は

30帖位の畳の部屋で数珠と謎の経典を持って何かを祈る人達。

某ジブリのキャッチコピー風に言うと

「トビラのむこうは、不思議の世界でした」

まさに異次元、千と千尋の神隠し状態でした。

軽くビルについての説明をされた後、数珠と謎の経典を与えられお祈り体験ツアーみたいな事をやらされました。

体験ツアーを終えると、マックに一緒にいたおっさんから一通りその宗派の説明を受けましたが、全く興味が無かったので全く覚えていません。

それから少し経ってやっと解放された僕とXは「宗教なんてやんないよね~」なんて話して別れました。

これが僕と宗教の勧誘の初めての出会いです。

その後も何度もデートのお誘いが来たので、僕は興味本位で気が向いたときに会ったりしてました。

デートを繰り返していて分かったことは

・デートは相手は必ず友人Aと年長者!

・座る席はすぐに逃げられない席に誘導される!

・論破は不可能!

ってことです。

これら3点を考察していきたいと思います。

何故年長者がついてきたのか?

僕が宗教に勧誘されるときは決まって友人Aと年長者が居ました。大学生くらいのお兄さんと友人Aの組み合わせが多かったです。

今思い返すと、宗教の事に関してしゃべっていたのは友達Aではなく一緒にいた大学生のお兄さんでした。友人Aはどちらかと言うと僕の警戒心を解くためにいるって感じでした。話が平行線になると、自身の宗教をやってて良かったエピソードを話し始めるといった具合です。

宗教の勧誘を釣りに例えると、魚は僕で、エサは友達、釣り上げるのは大学生のお兄さん、と役割分担されていました。もちろん釣られた後の出荷先は例の雑居ビルだったのでしょう(笑)

1対2の交渉に効果があるのかどうかは知りませんが、宗教勧誘と言うある意味特殊な状況下においては気の弱い人はビビって入りますとか言ってしまいそうなので効果的な気もします。

宗教によっては経典で二人で勧誘は行う事ってされている所もあるそうです。

僕は「高校生はまだまだ子供だし、ちょっと年上の人間が話してやればいれば簡単に堕ちるだろ」みたいな雰囲気が大学生の兄ちゃんから感じとってムカついてましたね(笑)相手がそんな風に思ってたのかは分かりませんが僕はそう思っていました。

宗教に限らず何かの勧誘する時は、年齢関係なく誠意をもって対処しましょうね!

座る席はすぐに逃げられない場所

これは何回かデートを重ねていて気付きました。ファミレスやマックで大体会うのですが必ず先に相手方が来ています。それで何故か奥の席に案内されます。それも巧みに手前の席に一人座って、隣の席には荷物を置いてるんですね。角の席って場合が殆どでした。

こんな感じの席順でした。

話を聞くのが嫌になって席を立とうとしても、友達がブロックしてくるので出れません。回って出ようにも隣は壁なのでそれも出来ません。5回くらいデートを重ねたのですが、この席順は変わりませんでした。

これは明らかに逃げられないようにするのと、角に追い込んで心理的圧迫を加えようとしているとしか思えません。僕がこのやり口に気づいたのは3回目のデート位でしたね(笑)

当時から推理小説が好きで、僕の中の探偵スイッチが入ると急に観察力とかが上がるんですよね。当時も探偵気取りでこいつらの目的はなんだ?(勧誘以外にはなんもないですよね)ってのと「この俺様を本気で勧誘出来んのか?舐めんなよ!」みたいに思ってずっと彼らの事を観察してました(笑)黒歴史です。

これってかなりあくどい手口ですよね。きっと逃げられることも多いからこのような事をするようになったのでしょう。この時点でこの宗教の底が知れた気がします。

ほんとうに人の為を思って勧誘しているのなら、こんな小細工はしないはずです。

少なくとこのやり方に気づいた方はいい気分はしません。

勧誘する時はこんな小細工しないで堂々としましょうね!

論破は不可能

これが一番宗教勧誘を断るうえで厄介な事です。間違いなく彼らを論破することは不可能です。彼らには経典と言った最強の武器があります。

もちろんこの経典を信じる事は悪いことではないし、それで人生が幸せに過ごせるのならばそれは素晴らしい事だと思います。が、それを人に強要するのは間違いだと思います。

僕の経験からなぜ論破が不可能なのかを解説していきます。

毎回のデートの会話

世間話を少しした後。毎回のようにする話です。

大学生のお兄さん(以下 大)「君にとっての幸せは?」

僕「お金持ちになる事です」

大「お金持ちになる方法って知ってる?どうすればいいかちゃんとわかってるの?

僕「ちゃんとはわかりません・・・」

大「株とかいい会社に勤める事とかいろいろあるけど、これって結構大変な事なんだよ?」

僕「そうなんですか。」

大「そうだよ!凄い大変なの。たくさん勉強しなきゃいけないし(的な一般論を延々と・・・)」

僕「それは大変そうですね」

大「大変なのはわかってくれたよね?でも、もしこれが簡単に出来る方法があるとしたらやってみたいとは思わない?」

僕「まあ、そんな方法があればやってもいいかな(宗教以外ならね)」

大「僕たちがやっている方法があるんだけど試してみない?決められた時間に決められたことをするだけでいいんだよ?簡単だと思わない?」

僕「確かにそうですね。どうやるんですか?」

大「毎日お祈りをすればいいんだよ」

僕「祈ったらお金が降ってくるんですか?」

大「そういう訳じゃないけど、祈る事で幸せになれるんだよ!君は幸せになる為にお金が欲しいといったよね?って事はお金持ちでなくても幸せになれればいいんだよね?」

僕「(そもそも幸せについて聞いてきたのそっちじゃん)なんか話変わってないですか?」

(都合の悪い事は悉くスルーでした。)

友達A「俺も祈ったら受験受かったよ!俺の成績じゃ○○高校に受かるのは難しいのはお前も知ってたよね?」

僕「そうだっけ?(知るかボケ)」

大「A君の様に幸せになるには、僕たちがやっているように祈ったりすればいいんだよ。だから君もやってみようよ!」

僕「嫌です」

こんな感じのやり取りを延々と繰り返します(笑)

この宗教の最終到達点が個人の幸せなのかは分かりませんが、僕を勧誘してた人達はこぞって「幸せ」って言葉を多用していました。

「永遠の命」「家族の健康」等いろいろ言ってみましたが、結局は「幸せ」だよねで片づけられてしまいました。そこからは「僕らの幸せはこうだから君もこうすれば僕らのように幸せになれるよって」おきまりの話になりました。個別具体的な事は避けて、「幸せ」など言った抽象的な事に話題をもって行きたがっていました。

なぜ論破が出来ないのか?

僕の例で考えると、幸せってそもそも人によって違いますよね?幸せになる為の方法も人それぞれですよね?

幸せの答えは人によって違うしその方法も千差万別なはずですが、僕が勧誘を受けた宗教では幸せになる方法は一つしかないと言っていました。それ何なのかは詳しくは知りませんが、お祈りもその中に含まれているそうです。

他の事をしていては幸せになれないし、われわれの教えを守らないといつかバチが当たるぞとも言われました。天災やなんかを持ち出して説明された記憶があります。

飽くまでも、宗教は幸せになる為の選択肢の一つなのにそれが絶対になってしまっています。

僕を勧誘していた大学生もそのような凝り固まった考え方の持ち主でした。

そんな感じの人から出てくる言葉は「宗教の教えを守っていて幸せだから、あなたも守れば幸せになれるよ。」です。そんな訳で勧誘中に難色を示すと「やってないんだからやればいいじゃん」って事になるんです。それでも拒否していると「やってないのに否定するのはおかしくない?」って怒気を含んだ論調になっていきます。

結局話の次元が「やる」「やらない」と言った個人の選択と言ったところまで来ます。ここで

「やりません」

「はい、わかりました。残念です。」

で終わればいいのですが、ほとんどの場合終わりませんよね(笑)僕と勧誘者の会話のような事が話題を変えて繰り返されるだけです。

「やってないからやれ」を論破するには「やってみる」しかありません。このような事情から勧誘される側は彼らを論破することは不可能なのです。

ちなみにやりたくない理由を延々と説明しても彼らは「体験してみなきゃ分からない」としか最終的には言わなくなります。どう頑張ってもこうなります。

正直かなりうざかったです(笑)まあ興味本位で何度も会いに行ってるんで僕の場合は自己責任ですが(笑)

勧誘はしつこくすると逆効果だよ!

上手に断る方法

僕がこの経験を振り返って今になって分かったことは、断りたい時は相手の話聞けばいいという事です

当時は全然わかっていなくて論破してやろうと頑張りましたが、これは断るといった視点で見たら良くない事でしたね(笑)

まあ、当時の僕の場合面白半分にやっていたので早く終わらせるって目的はなかったですが・・・

早く断りたい時は、なんかしゃべると相手がそれに合わせて「あーだこうだ」言ってくるので徹底的に相手の話を聞いていればよかったんだと思います。こっちの情報を必要以上に出さなければ、あっちも「あーだこうだ」言えなかったはずです。

こっちが何かを言い返せば言い返すほど相手に説得の材料を与えることになっていたんです。これは盲点でしたね。

やりたくない理由をしゃべる事で、相手の話を無駄に長引かせるだけでなく、説得できるかもっていう期待を持たせてしまっていたんだと思います。

加えて論破しようとすることは、相手を否定することです。なんでもそうですが自分の好きな事を否定されるのは気持ちのいいことではないです。特に人生の根幹となっているようなことを否定されるのは辛い事です。宗教の勧誘をしている人のほとんどは宗教は人生の一部みたいになっているので、余計に相手を熱くさせてしまうのです。

最初から断るつもりならこちらは黙って相手の話を聞いて、話を聞いたうえで断ればいいって事です。

この方法は宗教に限らず色々な事に応用できると思います。

今回の記事は以上になります。最後までお付き合いくださりありがとうございます。

 

PC広告

PC広告

-人生, 雑学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カフェインの効果は?睡眠への影響は確実で完全に抜けるまでには1日以上かかるっぽい

頑張らなければならない時、眠いけど寝てはいけない時。コーヒーを筆頭にカフェインの入った飲み物に手を伸ばすって人は多いと思います。 僕もそんな人間で、この記事を書いている時の僕のお供はタリーズのアイスコ …

ロリコンとは?ロリコンの基準や特徴、ロリコンと言う言葉の使い方を考えてみた

ロリコンとはいったい何なんだろうか?幼い女の子をカワイイと思う気持ちがロリコンなのか?幼い女の子とはいったい何歳までの事を言うのか?もしかしたら我々はロリコンの真の意味を勘違いしているのではないか?考 …

2月13日は気くばりの日!バレンタインの前日に気配りを学んでモテよう(笑)

世の中の男子がそわそわするイベントはバレンタインですが、その前日の2月13日は気くばりの日ってことをご存知の方は少ないのではないでしょうか?そこで今回は気くばりの日について調べてみました! 目次1 気 …

定番のサングラスの形と構造 サングラスにはたくさんの種類がある

紫外線対策でサングラスについていろいろ調べていたら、サングラスにも色々な種類がある事が判明しました!少しでも興味がある人が見たら「何言ってんだこいつ」って感じですが、今まで生きてきてサングラスに興味な …

カフェドクリエのおすすめメニュー モーニング・サンド・パスタはどれも美味しい

カフェドクリエってカフェをご存知でしょうか?スターバックスやタリーズなどと比べると名前負けしてることは否めませんが、フードメニューの充実度は1番だと思います。そんなカフェドクリエの僕がおすすめするメニ …

プロフィール

じゅんです。よろしくお願いします!! 趣味は野球観戦とボウリングです。