スポーツ

ウオッカ

投稿日:2016年11月30日 更新日:

ダイワスカーレットについて書いたらウオッカについても書かないと笑

プロフィール
父 タニノギムレット
母 タニノシスター
毛色 鹿毛
生涯戦績 26戦10勝
主な勝ち鞍 ダービー ジャパンカップ 天皇賞秋
安田記念×2 ヴィクトリアマイル、阪神ジュヴェナイルフィリーズ

レーススタイル
1番結果を出してるスタイルは先行抜け出しですが、レースによっては逃げたり、最後方から追い込んだりしてるので、ダイワスカーレットのように一定したレーススタイルってのはないです。

ウオッカとダイワスカーレット
これはダイワスカーレットの記事で書いてるのでそちらをみてもらえたらと思います。

ダービー
ウオッカを語る上でダイワスカーレットと同じように欠かせないのが64年ぶりとなる牝馬のダービー制覇です!!
ウオッカのダービー挑戦は桜花賞も2着に敗れたこともあり懐疑的な目が多かったです。
そんな意見に惑わされずダービー出走を決意した陣営は凄いですよね。
そしてこの決断が歴史を変えることになるのです。迎えたレースでは中断待機策から直線では豪脚を繰り出して見事差し切り勝ちをおさめます。64年ぶりの牝馬のダービー馬の誕生です!
それも2着に3馬身つける快勝でした。

低迷期
ダービー勝利後ウオッカは勝ち星に見放されます。宝塚記念、秋華賞、ジャパンカップ、有馬記念、京都記念、ドバイDF、ヴィクトリアマイルとなんと一年も勝利に見放されてしまいます。能力の片鱗は見せたレースはありますが、有馬記念や京都記念は見せ場も作れず、ウオッカは終わったという声も聞こえるようになりました。
4歳 復活のV
そんな声もきかれたウオッカでしたが、安田記念で見事に復活の狼煙を上げることになります。このレースは先行して直線半ばで他馬を一瞬で置き去りにするとても強いレースでした!
まるで瞬間移動したかと思わせるくらいの切れ味でした!やっぱりダービー馬は強かったと実況に言わせるだけの強さでした!
この後休養に入り毎日王冠2着を経て天皇賞秋を迎えます。ここではライバルのダイワスカーレット、その年のダービー馬ディープスカイ等中々の好メンバーが揃っていました。
そんな中1番人気に支持されたウオッカは直線でディープスカイを競り落とし、粘るダイワスカーレットを2センチ捉えて見事勝利をおさめます!
返す刀でジャパンカップ制覇を狙ったウオッカですが3着に敗れてしまいます。ここで翌年に備えて休養に入ります。

5歳 悲願のジャパンカップ制覇
春先に行ったドバイ遠征では結果を残せなかったウオッカですが、ヴィクトリアマイルを7馬身差の圧勝、安田記念は直線包まれる不利を物ともせずディープスカイを並ぶ間もなく差し切り優勝します。
一年前も同じ、毎日王冠を2着を経て挑んだ天皇賞秋ではまさかの3着に敗れてしまいます。
このレース内容から再びウオッカはもうダメだという声が聞こてくるようになりました。
そんなウオッカでしたが、ジャパンカップでは先行し直線半ばでで先頭に立ち2着のオウケンブルースリの追撃を2センチ差凌ぎ、3回目の挑戦でついに悲願のジャパンカップ制覇を達成しました。
この勝利により東京競馬で行われる古馬の芝G1完全制覇します。
その後ドバイで一戦してウオッカらターフを去ります。

ベストな距離
1600Mで4勝 2000M以上でG13勝していて戦績だけみたら距離適正は一見分かりにくいですが、ウオッカはマイラーです。強いマイラーが絶対能力の高さで距離をこなしたのだと思います。タイプ的にはオグリキャップに近いですね~
ウオッカのレースを見ていると1600Mでは直線最後まで伸びていますが、それ以上になるダービー以外はラスト100M位でほぼ必ず足が鈍るんですよね。
顕著なのは3歳時のジャパンカップと5歳の時の天皇賞秋だと思いますどちらも後方から凄い足でやって来てますが、最後の100M位で失速してます。
それに比べてマイルでは最後までキッチリ伸びてます。
この事からもウオッカのベストはマイルだと思います。
個人的には東京のマイルでは史上最強クラスで、タイキシャトル以外でウオッカに勝てる馬は居ないと思ってます。

ウオッカの魅力
ウオッカの魅力は良くも悪くも派手さにあると思います!
勝つ時も派手ですが負けるときも派手です笑
よくも悪くも目立つんですよねー
全く目立たなかったのって有馬記念位ですよねー
京都記念は最後方なのに引っかかっててある意味目立ってましたし、5歳のドバイDFでも直線で離れた2番手から急失速して目立ちましたよね笑
目立ちたくない時も目立っちゃうスターの宿命ってやつですかね笑

勝った時のインパクトは絶対で、ダービー制覇は64年ぶり、牝馬による安田記念連覇はグレード制導入後史上初、天皇賞秋はレコード、ヴィクトリアマイルで着けた着差はマイルG1史上最大着差での勝利、2度目の安田記念では絶望的状況からの差し切り、3度目の挑戦で悲願のジャパンカップ制覇。
さらに低迷からの復活と人気でるような事をほとんどやってます。
史上最大着差、何十年ぶり、レコード、復活とかのワードがこんなに並ぶ馬はウオッカ位だと思います。
ウオッカの人気の秘訣はスター性だと思います。

まとめ
ウオッカは実力もさる事ながら、スター性も兼ね備えた稀代の名馬だと思います。
子供の活躍にも期待したいですねー
ディープ付けてくれないかなあ。

PC広告

PC広告

-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

村田修一の年棒ダウン!気になる成績は?病気だった子供の今も調べました!!

読売ジャイアンツで活躍している村田修一選手の年棒が先日明らかになりましたね~ ってことで村田選手についていろいろ調べてみました!! 目次1 プロフィール2 成績3 年棒4 長男は病気だった? プロフィ …

野球!!

だいぶ寒くなってきましたねー 毎年この季節になるとなんか物足りない気持ちが沸々と湧いてきます( 一一) 何故かって?そうプロ野球がやってないんです!!! シーズン中はアプリやテレビで贔屓のチームの結果 …

ダイワスカーレット

こんにちはー 先日のキタサンブラックのレースぶりを見てダイワスカーレットを思い出したので、今日はこの馬について紹介していきたいと思います。 プロフィール 父 アグネスタキオン 母 スカーレットブーケ …

藤田菜七子騎手はかわいくて年収も多いけど流石にまだ彼氏は居ないよね?

昨年16年ぶりにJRA所属の女性騎手として話題になった藤田菜七子騎手。顔も可愛いので競馬ファン以外の間でも話題になっていますね~最近では少しブームも落ち着いてきましたがまだまだ人気は健在です。ってこと …

高安はハーフで毛深い!彼女は秋元才加!?

高安という力士をご存知ですか?同部屋の稀勢の里は日本人久々の綱取りってことで注目されれていますが、高安関についてはよく知らないって方も多いと思います。そんな高安関についてまとめてみました! 高安の大関 …

プロフィール

じゅんです。よろしくお願いします!! 趣味は野球観戦とボウリングです。